デバイスデータの活用

製造部門の根本的な改革、効率性の向上、予知保全の実現を可能にする IoT プラットフォームにデジタルシステムや物理システムを統合
get-access-to-data-550x325

自社データへのアクセス

簡単かつ安全な方法でデータを取得し、デバイス、機械や装置、システムの使用状況を明らかにする統計データを即時に提供します。リアルタイムのデータは、製造工程の可視性を高め、ビジネスのあらゆる観点でのスマートな意思決定を可能にします。

girl-predictive-maintainance-550x325

予防保守

どのような不具合でも、根本的な問題の原因特定につながるデータの痕跡が残ります。ビジネスに影響を与える深刻な問題になる前に、早い時点で品質問題を回避することで、製造スケジュールに割り込む計画外のダウンタイムを削減します。

analyze-your-data-550x325

分析と拡張

収集したデータを利用して分析を行い、持続可能な方法で生産性を高めます。市場での優位性を保ち続け、ビジネスの将来性を確立するために必要とされる情報をすべて入手することが重要です。

network-security-550x325

データの保護

「モノ」をインターネットに接続することは、より多くのリスクにさらされることにもなるため、セキュリティは IIoT における主な課題の 1 つです。主要な産業用ネットワーク組織の多くが、セキュリティ規格の策定を進めています。HMS はそれらの規格に従い、その開発の多くに積極的に参画しています。

セキュリティについての詳細(英語)

 

ネットワークや機器・設備の接続は HMS にお任せください

anybus-edge-family-image550x325

 

エッジインテリジェンスとさまざまなクラウドへの接続機能を産業用デバイスに提供

Anybus Edge ソリューションはどんなアプリケーションでも、工場フロアとクラウド間のギャップをなくし、簡単かつ安全な方法で IIoT 実現を可能にします。

Anybus Edge についての詳細はこちら

compactcom-range-550-325

ご使用のデバイスへの IIoT 接続機能の組み込み

最新シリーズの CompactCom 40 はOPC UA および MQTT の両方に対応し、IIoT への参入を可能にします。また、IIoT 機能をサポートしていることから、Anybus CompactCom を使用する何千もの機器・機械メーカー様は、お持ちのデータを IT システムおよび IoT ソフトウェアで簡単かつ安全に活用することができます。

対応ネットワーク:PROFINET | Ethernet/IP

x-gateways-550-325

OPC UA または MQTT への産業用ネットワークおよびレガシーデバイスの接続

Anybus X-gateway IIoT および Communicator IIoT は、レガシーデバイスや PLC 制御システムを産業用ネットワークと OPC UA/MQTT 間でシームレスに相互接続します。独立したデバイスからデータフローを制御しながら、ネットワークやデバイスの安全性と単独性を確保することができます。

IIoT ゲートウェイ一覧

net-gateways-550-325

IT システムからの制御でデータ監視以上の働きを実現

産業機器や装置からリアルタイムデータを取得し、.NET ベースの IT アプリケーションと同期します。また .NET Bridge は、IT ネットワークからの制御を有効にすることでさらに活用できます。PLC のネットワークにコマンドを送信し、最上位に既存の販売システムや管理システムを置くことができる自動化システムの設定を行います。

.NET gateway について

製造現場における MQTT のケーススタディ

ネットワークに繋がっている装置全体の把握と診断情報の収集をどのように行って利用状況の分析や予防保守を可能にしますか?タイムクリティカルではないデータを工場フロアから企業ネットワークのデータフォグにプッシュする MQTT プロトコルの活用についてご紹介しています。

ホワイトペーパーはこちら(英語)

MQTT used in production image
tesla-roadster-550-325

IoT データの活用事例

 

大手企業では自動化システムと IoT データを活用して製品テストを行い、品質の向上を進めています。Tesla 社、Raymond 社、Daimler Truck 社では、相互に接続したシステムやリモートデータを活用して製品の品質を高めています。事例の詳細はこちら(英語)

IIoT で見られる 3 つの傾向

  • モバイルおよび有線のデータ通信料の低下が引き続き見られる
  • リモートサイトを監視するためのセンサーや動画、画像の使用が増加を続ける
  • 企業は今後も、現場システムへのサービス作業に費やす時間を削減することで業務の最適化を図る

詳細はこちら(英語)

iot-trends-550-325