X-gateway における I/O データ交換のしくみ

2 つのネットワークインターフェースがそれぞれ 2 つのバッファーを介してネットワークデータを交換します。ゲートウェイは下図のように 2 つのバッファー間でデータを転送します。

 

x-gateway-datamapping

  • 各バッファーが保持できるデータは最大 512 バイトで、これは双方向それぞれで交換可能なバイト数の理論上の上限です。ただし、実際に交換可能なバイト数は選択したネットワークインターフェースに依存します。

  • これらのバッファーは、ネットワーク I/O だけでなく、ネットワークのステータス情報へのアクセスやゲートウェイのさまざまな面の制御にも任意で使用されます。例えば、一般的な診断情報(ステータスワード)、アクティブ状態のスレーブの一覧(Live List)、その他ネットワーク固有のステータス情報などがあります。

  • 必要に応じて、専用のコントロールワードを使用してデータ交換の開始/停止、ゲートウェイのリセットが可能です。ほとんどのネットワークが高速のサイクリック I/O データとタイムクリティカルではないアサイクリックデータを区別します。場合により、ゲートウェイやオンボードネットワークインターフェースによるデータの処理方法にも反映されます。

標準的なスレーブ/スレーブゲートウェイの設定

下図は、標準的なスレーブ/スレーブのゲートウェイ設定におけるデータのマッピング方法を表しています。この例においては、コントロールワードとステータスワードが両方のネットワークで使用されています。

X-gateway-slave-slave mapping

標準的なマスター/スレーブゲートウェイの設定

下図は、標準的なマスター/スレーブのゲートウェイ設定におけるデータのマッピング方法を表しています。上図のスレーブ/スレーブ設定のマッピングに似ていますが、オンボードマスターインターフェースに接続されたスレーブのアクティブ状態を示す「Live List」を使用することができます。

X-gateway-slave-slave mapping

Anybus で実現できること

フィールドバスや産業用 Ethernet の 2 種類の産業用ネットワークを接続、もしくは MQTT または OPC UA で IT システムに接続します。

X-gateway のデータ交換

X-gateway がどのように I/O データを交換するのかをご説明します。

X-gateway 導入のアシスト

HMS テクニカルサービスは、プロジェクト立ち上げのお手伝い、現場のサポート、トレーニングを提供しています。

Anybus X-gateway ケーススタディ

X-gateway の導入事例をぜひご参照ください。