CANopen ネットワークを簡単に設定

 

Anybus Configuration Manager – CANopen は、CANopen マスター/マネージャーインターフェースを使用する Anybus X-gateway に含まれる Windows ベースのソフトウェアツールです。

このツールは、USB-to-CAN アダプター(別売)を使用して X-gateway を PC に接続するときに使用します。このツールをインストールすると、CANopen ネットワーク上のノード設定が容易になり、これらのノードと他の産業用ネットワークとの通信設定が可能です。上位フィールドバスまたは Ethernet スレーブインターフェースは、標準のデバイス記述ファイル(GSD/EDS)と PLC の標準エンジニアリングツールで設定します。

Anybus X-gateway CANopen

CANopen 設定の特長

  • わずか数分で CANopen と他のネットワーク間の通信を設定
  • CANopen ネットワーク全体をスキャンして、すべての利用可能なノードを確認
  • CANopen ネットワークのすべてのノードにおける全オブジェクトにアクセス
  • 設定であらゆるノードのあらゆるオブジェクトにパラメーターの書き込みが可能
動画:CANopen ネットワークに接続するための X-gateway CANopen の設定方法

すべてのノードを自動検出

Anybus Configuration Manager - CANopen は、CANopen ネットワーク上に設置されたすべてのノードを検出します。グラフィカルな一覧に、それぞれの EDS ファイルとともにすべてのノードが表示されます。

CANopen-detect-all-nodes

パラメーターマッピングの作成

PDO マッピングウィンドウでは、簡単かつ体系的な方法でそれぞれのノード間のリンクを作成することができます。画面左側で送信ノードとパラメーターを選択し、右側で受信ノードとパラメーターを選択するだけです。

CANopen-create-parameter-mapping

オンラインオブジェクトアクセス

Online Object Access では、マウスを数回クリックするだけで、I/O サイズ、タイムアウト値などのパラメーターを簡単に読み書きすることができます。 

CANopen-online-object-access

ラインリスナー

内蔵のラインリスナーにより、CANopen ネットワーク上のすべてのトラフィックをロギングすることができます。

CAN-line-listener

Anybus で実現できること

フィールドバスや産業用 Ethernet の 2 種類の産業用ネットワークを接続、もしくは MQTT または OPC UA で IT システムに接続します。

X-gateway のデータ交換

X-gateway がどのように I/O データを交換するのかをご説明します。

X-gateway 導入のアシスト

HMS テクニカルサービスは、プロジェクト立ち上げのお手伝い、現場のサポート、トレーニングを提供しています。

Anybus X-gateway ケーススタディ

X-gateway の導入事例をぜひご参照ください。