あらゆる産業機器の接続

シリアルまたは CAN インターフェースの産業機器を主なフィールドバスや産業用 Ethernet ネットワークに接続し、既存のデバイスを活かした設備更新を実現

新しい Communicator のご紹介

より高速なデータ転送、簡単な設定

どんなデバイス、どんなネットワークでも

ネットワークに対応していないシリアルデバイスをどんな産業用ネットワーク上でも簡単な方法で通信可能にします。取り付け、設定したら、もう完了です。

Anybus® Communicator™が機器のネットワーク接続の問題を解決します

現在稼働している多くの機器や機械・装置に、シリアル RS-232/422/485 または CAN ベースのインターフェースが備わっています。その大半は問題なく動作していますが、フィールドバスや産業用 Ethernet ネットワークに接続するためのインターフェースがありません。

ここで出番となるのが Anybus Communicator ゲートウェイです。

既存のデバイスはそのままで、ハードウェア変更やプログラミング不要で産業用 PLC 制御システムへの接続が可能になります。

Anybus Communicator で実現できること

Enable your device

既存の機器や機械・装置を有効活用

問題なく稼動しているシリアルまたは CAN ベース機器の寿命を延ばすことで、不必要な投資を回避します。Anybus Communicator を使用すると、既存の機器や機械・装置をあらゆるフィールドバス、産業用 Ethernet ネットワークに接続できるようになります。

make no changes

ハードウェアやソフトウェアの変更不要

Anybus Communicator は、使用している機器はそのままで、ネットワーク接続を可能にします。機器側のハードウェアやソフトウェア変更は不要です。ネットワークへのすべてのデータ/プロトコル変換、マッピングは、Anybus Communicator の内部で行われます。

Convert your protocol

お使いの機器のシリアル/CAN プロトコルを容易に変換

Anybus Communicator の高い柔軟性により、ほぼすべての RS-232/422/485 の Request/Response または Produce/Consume プロトコル、そして Modbus RTU、ASCII、DF1、CAN ベース、ユーザー固有プロトコルの変換が可能です。PLC のファンクションブロックやプログラミングは不要です。取り付け、設定したら、もう完了です。

inexpensive connection

ネットワーク接続を省コストで実現

Anybus Communicator 1 台で、RS-485 のマルチドロップ接続により最大 31 台のノード/機器接続が可能です。機器とフィールドバス/産業用 Ethernet の接続を省コストで実現します。

Connect slow serial devices without affecting performance

通信速度の遅いシリアル機器を動作に影響することなく接続

Anybus Communicator は内部で I/O データを保存しマッピングします。これにより、上位フィールドバス/産業用 Ethernet ネットワークと通信速度の遅いシリアル/CAN サブネットワークが分離されます。そのため、上位ネットワークに対し何ら制限なく、通信速度が遅いシリアル通信の産業用機器を高速のフィールドバス/産業用 Ethernet ネットワークに統合することができるのです。

Simplify your network infrastructure

ネットワークインフラをシンプルに

Anybus Communicator は、シャーシ統合型とは違い、接続機器近くの DIN レールに取り付け可能なため、PLC ラックのスペースやケーブル配線の問題から解放します。

Anybus® Communicator™

接続するネットワークを選択してください

Modbus RTU/DF1/ASCII またはベンダー固有プロトコルを使用するシリアル RS-232/422/485 デバイス向け

Communicator protrocols

Anybus Communicator - PROFIBUS

お使いのシリアル RS-232/422/485 ベースの産業機器をハードウェアやソフトウェアを変更することなく PROFIBUS で制御するシステムに統合します。取り付け、設定したら、もう完了です。

Anybus Communicator は、ネットワーク未対応の機器を PROFIBUS に接続する、実績のあるプロトコルコンバーターです。このコンバーターは、インテリジェントなプロトコル変換を実行し、シリアルデータをプロセスされた I/O データとしてマスター PLC/コントローラーに表示します。

本製品は、IP20、DIN レール取付、24V 電源が必要なコンパクトなスタンドアロンゲートウェイです。ネットワーク適合性を保証する PROFIBUS 仕様コンフォーマンステスト済みです。

ほぼすべてのタイプのシリアルプロトコルを変換

Communicator は、Modbus RTU、ASCII、DF1、ベンダー固有の Query/Response 又は Produce/Consume プロトコルなど、あらゆるタイプのシリアルプロトコルを変換可能です。

一般的なシリアルアプリケーション

一般的なシリアルアプリケーションには、インバーター、センサー、アクチュエーター、HMI、バーコードリーダー、RFID リーダーや産業用はかり等があります。

Anybus Communicator Profibus
 

機能と特長

  • Modbus RTU や ASCII、DF1 など、ほぼすべての RS-232/422/485 Request/Response または Produce/Consume プロトコルを変換
  • Modbus RTU 向けに設定済み6 つのステップで設定できる Modbus RTU ウィザードにより、面倒なスクリプティングや Modbus のシリアルフレーム構築が不要
  • 接続したオートメーション機器側のハードウェアやソフトウェア変更は不要
  • Siemens 社や Rockwell 社、Schneider Electric 社など主要メーカー製の PLC との互換性
  • PLC のファンクションブロックを必要とせずに、Communicator によってすべてのプロトコル変換を実行
  • 使いやすい Save/Load 機能で、一度設定したものを再利用可能
  • シリアルフレーム構築のためのフレキシブルな機能を備えた Anybus Configuration Manager を同梱
  • Ethernet デュアルポートスイッチ付きの機種はデイジーチェーンに対応し、外部スイッチは不要
  • 無償のテクニカルサポート

シリアルプロトコル設定の特長

Anybus® Communicator の設定には、製品に付属する Windows™ ベースの使いやすいソフトウェア Anybus Configuration Manager を使用するため、高度なプログラミングスキルは不要です。

  • 選択可能な RS-232/422/485 インターフェース
  • 用意された Modbus RTU 設定ウィザードにより 6 つのステップで設定完了
  • 用意された DF1 コマンドから選択することで設定可能、スクリプティングやシリアルフレーム構築は不要
  • ビジュアルフレーム構築インターフェースを介して ASCII 又はベンダー固有のプロトコル(Request/Response 又は Produce/Consume)を設定可能 
  • 多言語サポート(英語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、フランス語、ポーランド語、ロシア語、中国語、日本語)
  • 使いやすい Save/Load 機能により、一度設定したものを再利用可能
  • パスワード保護により、許可されていない設定のアップロードやダウンロードを防止
  • テスト機能付内蔵型シリアルラインリスナーおよびチェックサム計算機能

PROFIBUS インターフェース特長 

  • IEC 61158 準拠 PROFIBUS-DP スレーブ機能
  • I/O データ最大入力 244 バイト、出力 244 バイト - データ長合計 416 バイト
  • PROFIBUS ボーレート自動検出(9600 bps - 12 Mbps)
  • サポートする PROFIBUS 機能: Sync、Freeze、Watchdog
  • GSD ファイルを提供
  • D-Sub 9 ピンメス PROFIBUS コネクター x 1

技術仕様

Communicator RS-232/422/485

プロトコル RS-232/422/485 ベース Produce/Consume、Query/Response ASCII
最大接続数 31 (RS485/422) 
ボーレート 1、2-57、6 kbps
インターフェース RS-232/422/485
Modbus コマンド 0x01 Read Coils, 0x02 Read Discrete Inputs, 0x03 Read Holding Registers, 0x04 Read Input Registers, 0x05 Write Single Coil, 0x06 Write Single Register, 0x07 Read Exception Status, 0x08 Diagnostics, 0x0B Get Comm Event Ctr, 0x0C Get Comm Event Log, 0x0F Write Multiple Coils, 0x10 Write Multiple Registers, 0x11 Report Slave ID, 0x14 Read File Record, 0x15 Write File Record, 0x16 Mask Write Register, 0x17 Read/Write Multiple Registers, 0x18 Read FIFO Queue (Anybus Configuration Manager の中で任意のコマンドを作成可能)
 DF1 サービス 0x01 Integrity Check, 0x02 Read Diagnostics, 0x03 Read Data, 0x04 Write Data(Anybus Configuration Manager の中で任意のサービスを作成可能)Technical Details Standard

 

技術詳細

サイズ(L x W x H)シリアルおよび電源コネクター付き 120 x 75 x 27 mm  
重量 150g  
保護等級 IP20、NEMA rating 1  
筐体材質 l PC ABS、UL 94  
取付方向 指定なし  
取付方法 DIN レール (35 x 7.5/15) EN50022

 

証明書

UL  File number: E203225 UL 508 Ind. Cont.Eq. 
危険区域 CLASS 1、DIVISION 2、GROUPS A、B、C AND D、T4 ISA 12.12.01
CE
2004/108/EC EN 61000-6-4
EN 61000-6-2

電気特性

電源
24 VDC +/- 10 %
消費電流 最大 300 mA、標準 100 mA

 

環境特性

逆極性保護
短絡保護
サブネットワーク上の直流電気の隔離 EN 60950-1
MTTF >550 000 h Telcordia Issue 2、Method 1 Case 3 at 30 ℃

 

ハードウェア特性

動作温度 0 ~ 55 ℃
保管温度 -40 ~ 55 ℃
湿度 0 ~ 95%(結露しないこと)
設置高度 最大 2,000 m

 

産業環境、イミュニティ及びエミッション

静電放電 +/- 4 kV EN 61000-4-2
電磁 RF フィールド 10 V/m 80 MHz - 1 GHz
3 V/m 1,4 GHz - 2,0 GHz
1 V/m 2,0 GHz - 2,7 GHz
EN 61000-4-3
ファストトランジェント  +/- 1 kV EN 61000-4-4 
サージ保護 +/- 1 kV EN 61000-4-5
RF 伝導性妨害波 10 V/rms EN 61000-4-6
エミッション(10 m) 40 dB 30 MHz - 230 MHz
47 dB 30 MHz - 1 GHz
CISPR 16-2-3

型式

 型式: AB7000

製品に含まれるもの:
- クイックスタートガイド
- 設定ケーブル(RS-232)
- シリアルサブネットワーク用ねじ端子付 D-Sub コネクター
- 設定ソフトウェアは「関連ファイルダウンロード」からダウンロード可能
-(電源は付属しません)

オプションアクセサリー :
-  USB-RS-232 設定用アダプター (型式 019570)

保証期間:  3 年間

製品の購入についてはこちらをご覧ください。: 製品購入について

    関連製品

Anybus Communicator CAN 

接続するネットワークを選択してください

CAN 2.0A または 2.0B ベースのプロトコルを使用するデバイス向け

Communicator-protocols-can

Anybus Communicator - PROFIBUS

お使いのシリアル RS-232/422/485 ベースの産業機器をハードウェアやソフトウェアを変更することなく PROFIBUS で制御するシステムに統合します。取り付け、設定したら、もう完了です。

Anybus Communicator は、ネットワーク未対応の機器を PROFIBUS に接続する、実績のあるプロトコルコンバーターです。このコンバーターは、インテリジェントなプロトコル変換を実行し、シリアルデータをプロセスされた I/O データとしてマスター PLC/コントローラーに表示します。

本製品は、IP20、DIN レール取付、24V 電源が必要なコンパクトなスタンドアロンゲートウェイです。ネットワーク適合性を保証する PROFIBUS 仕様コンフォーマンステスト済みです。

ほぼすべてのタイプのシリアルプロトコルを変換

Communicator は、Modbus RTU、ASCII、DF1、ベンダー固有の Query/Response 又は Produce/Consume プロトコルなど、あらゆるタイプのシリアルプロトコルを変換可能です。

一般的なシリアルアプリケーション

一般的なシリアルアプリケーションには、インバーター、センサー、アクチュエーター、HMI、バーコードリーダー、RFID リーダーや産業用はかり等があります。

Anybus Communicator Profibus
 

機能と特長

  • Modbus RTU や ASCII、DF1 など、ほぼすべての RS-232/422/485 Request/Response または Produce/Consume プロトコルを変換
  • Modbus RTU 向けに設定済み6 つのステップで設定できる Modbus RTU ウィザードにより、面倒なスクリプティングや Modbus のシリアルフレーム構築が不要
  • 接続したオートメーション機器側のハードウェアやソフトウェア変更は不要
  • Siemens 社や Rockwell 社、Schneider Electric 社など主要メーカー製の PLC との互換性
  • PLC のファンクションブロックを必要とせずに、Communicator によってすべてのプロトコル変換を実行
  • 使いやすい Save/Load 機能で、一度設定したものを再利用可能
  • シリアルフレーム構築のためのフレキシブルな機能を備えた Anybus Configuration Manager を同梱
  • Ethernet デュアルポートスイッチ付きの機種はデイジーチェーンに対応し、外部スイッチは不要
  • 無償のテクニカルサポート

シリアルプロトコル設定の特長

Anybus® Communicator の設定には、製品に付属する Windows™ ベースの使いやすいソフトウェア Anybus Configuration Manager を使用するため、高度なプログラミングスキルは不要です。

  • 選択可能な RS-232/422/485 インターフェース
  • 用意された Modbus RTU 設定ウィザードにより 6 つのステップで設定完了
  • 用意された DF1 コマンドから選択することで設定可能、スクリプティングやシリアルフレーム構築は不要
  • ビジュアルフレーム構築インターフェースを介して ASCII 又はベンダー固有のプロトコル(Request/Response 又は Produce/Consume)を設定可能 
  • 多言語サポート(英語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、フランス語、ポーランド語、ロシア語、中国語、日本語)
  • 使いやすい Save/Load 機能により、一度設定したものを再利用可能
  • パスワード保護により、許可されていない設定のアップロードやダウンロードを防止
  • テスト機能付内蔵型シリアルラインリスナーおよびチェックサム計算機能

PROFIBUS インターフェース特長 

  • IEC 61158 準拠 PROFIBUS-DP スレーブ機能
  • I/O データ最大入力 244 バイト、出力 244 バイト - データ長合計 416 バイト
  • PROFIBUS ボーレート自動検出(9600 bps - 12 Mbps)
  • サポートする PROFIBUS 機能: Sync、Freeze、Watchdog
  • GSD ファイルを提供
  • D-Sub 9 ピンメス PROFIBUS コネクター x 1

技術仕様

Communicator RS-232/422/485

プロトコル RS-232/422/485 ベース Produce/Consume、Query/Response ASCII
最大接続数 31 (RS485/422) 
ボーレート 1、2-57、6 kbps
インターフェース RS-232/422/485
Modbus コマンド 0x01 Read Coils, 0x02 Read Discrete Inputs, 0x03 Read Holding Registers, 0x04 Read Input Registers, 0x05 Write Single Coil, 0x06 Write Single Register, 0x07 Read Exception Status, 0x08 Diagnostics, 0x0B Get Comm Event Ctr, 0x0C Get Comm Event Log, 0x0F Write Multiple Coils, 0x10 Write Multiple Registers, 0x11 Report Slave ID, 0x14 Read File Record, 0x15 Write File Record, 0x16 Mask Write Register, 0x17 Read/Write Multiple Registers, 0x18 Read FIFO Queue (Anybus Configuration Manager の中で任意のコマンドを作成可能)
 DF1 サービス 0x01 Integrity Check, 0x02 Read Diagnostics, 0x03 Read Data, 0x04 Write Data(Anybus Configuration Manager の中で任意のサービスを作成可能)Technical Details Standard

 

技術詳細

サイズ(L x W x H)シリアルおよび電源コネクター付き 120 x 75 x 27 mm  
重量 150g  
保護等級 IP20、NEMA rating 1  
筐体材質 l PC ABS、UL 94  
取付方向 指定なし  
取付方法 DIN レール (35 x 7.5/15) EN50022

 

証明書

UL  File number: E203225 UL 508 Ind. Cont.Eq. 
危険区域 CLASS 1、DIVISION 2、GROUPS A、B、C AND D、T4 ISA 12.12.01
CE
2004/108/EC EN 61000-6-4
EN 61000-6-2

電気特性

電源
24 VDC +/- 10 %
消費電流 最大 300 mA、標準 100 mA

 

環境特性

逆極性保護
短絡保護
サブネットワーク上の直流電気の隔離 EN 60950-1
MTTF >550 000 h Telcordia Issue 2、Method 1 Case 3 at 30 ℃

 

ハードウェア特性

動作温度 0 ~ 55 ℃
保管温度 -40 ~ 55 ℃
湿度 0 ~ 95%(結露しないこと)
設置高度 最大 2,000 m

 

産業環境、イミュニティ及びエミッション

静電放電 +/- 4 kV EN 61000-4-2
電磁 RF フィールド 10 V/m 80 MHz - 1 GHz
3 V/m 1,4 GHz - 2,0 GHz
1 V/m 2,0 GHz - 2,7 GHz
EN 61000-4-3
ファストトランジェント  +/- 1 kV EN 61000-4-4 
サージ保護 +/- 1 kV EN 61000-4-5
RF 伝導性妨害波 10 V/rms EN 61000-4-6
エミッション(10 m) 40 dB 30 MHz - 230 MHz
47 dB 30 MHz - 1 GHz
CISPR 16-2-3

型式

 型式: AB7000

製品に含まれるもの:
- クイックスタートガイド
- 設定ケーブル(RS-232)
- シリアルサブネットワーク用ねじ端子付 D-Sub コネクター
- 設定ソフトウェアは「関連ファイルダウンロード」からダウンロード可能
-(電源は付属しません)

オプションアクセサリー :
-  USB-RS-232 設定用アダプター (型式 019570)

保証期間:  3 年間

製品の購入についてはこちらをご覧ください。: 製品購入について

    関連製品