あらゆる産業機器の接続

シリアルまたは CAN インターフェースの産業機器を主なフィールドバスや産業用 Ethernet ネットワークに接続し、既存のデバイスを活かした設備更新を実現

Anybus® Communicator™が機器のネットワーク接続の問題を解決します

現在稼働している多くの機器や機械・装置に、シリアル RS-232/422/485 または CAN ベースのインターフェースが備わっています。その大半は問題なく動作していますが、フィールドバスや産業用 Ethernet ネットワークに接続するためのインターフェースがありません。

ここで出番となるのが Anybus Communicator ゲートウェイです。

既存のデバイスはそのままで、ハードウェア変更やプログラミング不要で産業用 PLC 制御システムへの接続が可能になります。

Anybus Communicator で実現できること

Enable your device

既存の機器や機械・装置を有効活用

問題なく稼動しているシリアルまたは CAN ベース機器の寿命を延ばすことで、不必要な投資を回避します。Anybus Communicator を使用すると、既存の機器や機械・装置をあらゆるフィールドバス、産業用 Ethernet ネットワークに接続できるようになります。

make no changes

ハードウェアやソフトウェアの変更不要

Anybus Communicator は、使用している機器はそのままで、ネットワーク接続を可能にします。機器側のハードウェアやソフトウェア変更は不要です。ネットワークへのすべてのデータ/プロトコル変換、マッピングは、Anybus Communicator の内部で行われます。

Convert your protocol

お使いの機器のシリアル/CAN プロトコルを容易に変換

Anybus Communicator の高い柔軟性により、ほぼすべての RS-232/422/485 の Request/Response または Produce/Consume プロトコル、そして Modbus RTU、ASCII、DF1、CAN ベース、ユーザー固有プロトコルの変換が可能です。PLC のファンクションブロックやプログラミングは不要です。取り付け、設定したら、もう完了です。

inexpensive connection

ネットワーク接続を省コストで実現

Anybus Communicator 1 台で、RS-485 のマルチドロップ接続により最大 31 台のノード/機器接続が可能です。機器とフィールドバス/産業用 Ethernet の接続を省コストで実現します。

Connect slow serial devices without affecting performance

通信速度の遅いシリアル機器を動作に影響することなく接続

Anybus Communicator は内部で I/O データを保存しマッピングします。これにより、上位フィールドバス/産業用 Ethernet ネットワークと通信速度の遅いシリアル/CAN サブネットワークが分離されます。そのため、上位ネットワークに対し何ら制限なく、通信速度が遅いシリアル通信の産業用機器を高速のフィールドバス/産業用 Ethernet ネットワークに統合することができるのです。

Simplify your network infrastructure

ネットワークインフラをシンプルに

Anybus Communicator は、シャーシ統合型とは違い、接続機器近くの DIN レールに取り付け可能なため、PLC ラックのスペースやケーブル配線の問題から解放します。

Anybus® Communicator™

接続するネットワークを選択してください

Modbus RTU/DF1/ASCII またはベンダー固有プロトコルを使用するシリアル RS-232/422/485 デバイス向け

Communicator protrocols

Anybus Communicator CAN 

接続するネットワークを選択してください

CAN 2.0A または 2.0B ベースのプロトコルを使用するデバイス向け

Communicator-protocols-can