IIoT へのアクセスを貴社のデバイスにも

産業用機器と OPC UA や MQTT を使用する IIoT 間の通信が可能に

 

 

OPC UA や MQTT で IoT ソフトウェアに接続

Anybus CompactCom IIoT Secure は、OPC UA や MQTT を使用して産業用デバイスの通信を実現します。この機種は、産業用 Ethernet プロトコル(例えば PROFINET や EtherNet/IP)のデータは通常どおり CompactCom で処理し、デバイスからのデータは OPC UA または MQTT を介して IT システムに送信することができます。 

mqtt-opc-ua-overview-illustration

 

 

ABCC-MQTT-OPC-UA

CompactCom の OPC UA 機能

この Anybus CompactCom は OPC UA サーバー機能を備え、OPC UA Device Integration(DI)モデルを使用して、Anybus CompactCom をアドレススペースのデバイスとしてモデル化します。このアプリケーションでは OPC UA 機能が有効になり、OPC UA で ADI(アプリケーションパラメーター)を可変ノードとして読み出すことができます。モデル化されたデバイスは、OPC UA DeviceType のサブタイプである CompactCom40DeviceType です。 

  • Micro Embedded Profile のサポート
  • Discovery Service をサポート
  • ユーザー名およびパスワード認証
  • DataChange Subscription をサポート
  • Discovery サーバーまたは産業用ネットワークのタイムプロトコルによるタイムスタンプをサポート
  • Anybus 標準機能に加え、OPC UA 機能を搭載
  • PROFINET および EtherNet/IP 用モジュールで対応

CompactCom の MQTT 機能

Anybus CompactCom は、ホストアプリケーションのデータを使用するネットワーク上の Publisher として動作します。このデータはホストアプリケーションが選択したエンコーディングテクノロジーを使用してエンコードされてから Publish されます。JSON または Transparent Encoding に対応しています。データにはトピックストリングがタグ付けされます。トピックストリングは、デバイスから Publish されたデータをクライアントがブローカーから受信(Subscribe)するときに使用されます。

  • Publisher として機能する MQTT クライアント
  • MQTT バージョン 3.1.1 に対応
  • タイムスタンプ付き JSON データエンコーディングに対応
  • トランスペアレントなデータ転送をサポート
  • Last Will、QoS 0-2 に対応
  • ユーザー名およびパスワード認証
  • ホストアプリケーションからのデータサイズは最大 4KB(JSON エンコーディングを含むネットワークでは最大 8KB)
  • PROFINET および EtherNet/IP に対応

 

対応ネットワーク

 

ethernet_ip-logo-whiteprofinet-logo-white

 

 

 

 

デバイスからクラウドまでのセキュアな通信を実現

 

Anybus CompactCom のセキュリティプラットフォームとは

abcc-security-platform-illustration

IIoT 通信プロトコルについて

OPC UA

OPC UA はプラットフォームに依存しない産業用通信プロトコルで、異なるベンダー製のデバイス間でもシームレスな情報フローを実現します。

OPC UA の詳細はこちら

MQTT インターフェース

IT/OT のブリッジや IIoT ソリューションに最適な Publish/Subscribe 型のメッセージプロトコルです。現在、最も使用されているプロトコルの 1 つで、工場フロアのデータや情報の交換を可能にします。 

MQTT の詳細はこちら